ホワイトニングの効果を高める為に

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトニングの効果を高める為に記事一覧

色素を歯磨き粉で落としても、またついてしまってホワイトニングの意味がありません。白い歯を保つために必要なのは歯磨きの継続と生活習慣の改善です。性ホルモンのうち、妊娠のためのエストロゲンは骨格を保ちます。このバランスが乱れると骨粗鬆症になります。骨のカルシウムが溶けだしてしまって強度が落ちるのです。以前は、閉経後の女性に多い病気でしたが、今は20代、30代でなってしまう方もいます。歯もカルシウムが無...

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う時には、磨き残しが無いようにしたいものです。また、美容はコツコツとケアした人が美しさを手に入れる世界です。ホワイトニングの用品は、一か所にまとめておくと便利です。他のスキンケアをする時についでに使うことができるようにケースに入れておきましょう。出先では歯ブラシと小さな歯磨き粉、立てておける鏡などがあると便利です。私は家族と同居なのですが、ヘアケア用品や歯ブラシを入れ...

歯磨き粉は蓋をあけると、徐々に成分が飛んでいきます。時折天然の香料が入っているものがありますね。同様の成分のアロマテラピーの精油は揮発性が高く、半年たったら捨てないと変質してかえって害になります。歯磨き粉も開けたら半年か1年程度で捨てないといけないものです。開封していないものは3年ぐらいはもちます。ホワイトニング用の歯磨き粉は原則としては、様々な化学成分の化合物ですから、使った後はきちんと蓋を閉め...

歯垢、プラークやステインをためずにホワイトニングをした状態を保つには、毎日のデンタルケアが大切です。習慣づけましょう。そうはいっても忙しいと、ついつい雑に磨いてしまいがちです。そういう場合は砂時計の3分計もしくはタイマーを使って、磨くという方法もあります。また、卓上ミラーとうがいをした液を出すガーグルという容器を使って、音楽や動画を見ながら磨くという手もあります。3分ほどの曲の間は、磨くと決めてお...

ホワイトニングの歯磨き粉と関連するものに、歯周病の問題があります。日本人の大人の8割がその素因を持つと言われています。歯周病ではなく歯槽膿漏と言ういい方をすることもあります。口の中の菌が、歯垢の糖などを食べて、繁殖して炎症を起こす状態で、徐々に歯茎が痩せてきて、その隙間に歯垢がたまっていくということ起きます。脳や心臓等に悪影響が及ぶこともあります。特定の菌が悪さをするわけではなく300以上の雑菌が...

自慢ではありませんが私は虫歯が今現在1本もありません。以前、逆流性食道炎をしたので、部分的に歯が欠けたところがありますが15年は歯科医に行っていません。ホワイトニングの歯磨き粉も使いますし、まめにうがいをして歯垢がたまらないようにしています。お茶を飲んだあと残ったもので口を漱いで雑菌を殺したりしています。0820運動と言うものがあります。80歳までに20本の歯を残そうというものです。歯が少なくなる...