こういう道具があると便利

こういう道具があると便利

 

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う時には、磨き残しが無いようにしたいものです。また、美容はコツコツとケアした人が美しさを手に入れる世界です。

 

ホワイトニングの用品は、一か所にまとめておくと便利です。他のスキンケアをする時についでに使うことができるようにケースに入れておきましょう。出先では歯ブラシと小さな歯磨き粉、立てておける鏡などがあると便利です。

 

私は家族と同居なのですが、ヘアケア用品や歯ブラシを入れるスペースを洗面台にもらっています。そこにあるのはデンタルフロス、歯石をとるための道具、歯磨き粉、洗顔用パフなどです。
小さなプラスチックのケースに一式入れておくといいでしょう。無くなったりしませんから。歯ブラシも2,3種類に分けてストックしてあります。

 

小さな歯間ブラシや、デザインがきれいで外に持っていく用などです。補助用の小さな鏡もあるといいでしょう。ライト付きの鏡もより口腔内の様子がわかるのでお勧めです。歯科用の柄付の鏡もお勧めです。

 

ホワイトニングをはじめとするデンタルケア全般の基本は日常生活で無理がない程度のケアをすることです。歯磨き粉を使うことが義務になってしまったら苦痛で続けられません。

 

隙間時間を使って上手に歯磨きなどをしていきましょう。歯石とりは炎症の要因になってしまうこともあるので、無理せずできない時は歯科医に頼んだ方がいいでしょう。自宅でのケアはあくまでも毎日のお手入れです。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生活習慣も変える必要がある
色素を歯磨き粉で落としても、またついてしまってホワイトニングの意味がありません。白い歯を保つために必要なのは歯磨きの継続と生活習慣の改善です。
ホワイトニング用の歯磨き粉の保管法
歯磨き粉は蓋をあけると、徐々に成分が飛んでいきます。時折天然の香料が入っているものがありますね。
毎日のケアが大切
歯垢、プラークやステインをためずにホワイトニングをした状態を保つには、毎日のデンタルケアが大切です。習慣づけましょう。
歯周病と日本人
ホワイトニングの歯磨き粉と関連するものに、歯周病の問題があります。日本人の大人の8割がその素因を持つと言われています。歯周病ではなく歯槽膿漏と言ういい方をすることもあります。
歯の健康は全身の健康
歯が少なくなると、咀嚼がうまくできず、食欲減退も起きます。ドライマウスも、唾液などが要因となってしまう誤嚥性肺炎、心疾患や出産のトラブルを引き起こす歯周病が将来的に起る確率を減らすためには歯磨き粉選びが大切です。