ホワイトニング用の歯磨き粉の保管法

ホワイトニング用の歯磨き粉の保管法

 

歯磨き粉は蓋をあけると、徐々に成分が飛んでいきます。時折天然の香料が入っているものがありますね。同様の成分のアロマテラピーの精油は揮発性が高く、半年たったら捨てないと変質してかえって害になります。

 

歯磨き粉も開けたら半年か1年程度で捨てないといけないものです。開封していないものは3年ぐらいはもちます。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉は原則としては、様々な化学成分の化合物ですから、使った後はきちんと蓋を閉め、温度変化がなく、直射日光を避けてしまうことがお勧めです。蓋をあけた日を、マジックで書いておくといいでしょう。

 

多少コストがかかっても、3から5グラムほどの歯磨き粉をいくつか用意しておくといいかもしれません。これですと封を切って使いきれなかったということもありません。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉を使いそびれない方法があります。歯ブラシやデンタルフロス、歯石とりなどをケースの中にたてておくのです。歯磨き粉もそうですね。皆様は利き手は右ですか、左手ですか。

 

私は歯を磨くときには左手を使います。その為使う順番に左側から並べておきます。こうしておくと使い忘れが無くなって、磨きやすくなります。歯ブラシや歯磨き粉のストックも立てて洗面所の引き出しや棚に入れましょう。

 

水にぬれても大丈夫なものに、幾つストックの数を書いておいて貼っておくとひと目で歯磨き粉が足りない等の事がわかります。ホワイトニングは継続して初めて効果が出るのです。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生活習慣も変える必要がある
色素を歯磨き粉で落としても、またついてしまってホワイトニングの意味がありません。白い歯を保つために必要なのは歯磨きの継続と生活習慣の改善です。
こういう道具があると便利
ホワイトニングの用品は、一か所にまとめておくと便利です。他のスキンケアをする時についでに使うことができるようにケースに入れておきましょう。
毎日のケアが大切
歯垢、プラークやステインをためずにホワイトニングをした状態を保つには、毎日のデンタルケアが大切です。習慣づけましょう。
歯周病と日本人
ホワイトニングの歯磨き粉と関連するものに、歯周病の問題があります。日本人の大人の8割がその素因を持つと言われています。歯周病ではなく歯槽膿漏と言ういい方をすることもあります。
歯の健康は全身の健康
歯が少なくなると、咀嚼がうまくできず、食欲減退も起きます。ドライマウスも、唾液などが要因となってしまう誤嚥性肺炎、心疾患や出産のトラブルを引き起こす歯周病が将来的に起る確率を減らすためには歯磨き粉選びが大切です。