歯の健康は全身の健康

歯の健康は全身の健康

 

自慢ではありませんが私は虫歯が今現在1本もありません。以前、逆流性食道炎をしたので、部分的に歯が欠けたところがありますが15年は歯科医に行っていません。

 

ホワイトニングの歯磨き粉も使いますし、まめにうがいをして歯垢がたまらないようにしています。お茶を飲んだあと残ったもので口を漱いで雑菌を殺したりしています。

 

0820運動と言うものがあります。80歳までに20本の歯を残そうというものです。歯が少なくなると、咀嚼がうまくできず、食欲減退も起きます。ドライマウスも、唾液などが要因となってしまう誤嚥性肺炎、心疾患や出産のトラブルを引き起こす歯周病が将来的に起る確率を減らすためには歯磨き粉選びが大切です。ホワイトニング以外の意味もありますから。

 

ホワイトニングにも必要な要素ですがよく噛むことが大切です。私が糠漬けの分厚いものやおせんべいを食べるときにはポリポリと音が立つので歯が無い人には羨ましがられます。

 

顎の力が強くて歯並びがよいからです。32本の歯がしっかり機能しますので力が十分にいきわたります。硬いものを食べる習慣が無かったり、頬杖をつく習慣があると、唾液が出ず、歯垢や歯石がたまって歯磨き粉の効果が減少します。

 

今は平気だからいいやと言うことではなく歯磨きや早めの虫歯治療および、間違ったケアの改善が将来も美しい歯と健康を支えます。様々な情報を集めて歯を大事にしていきましょう。永久歯は無くなると再生しませんから。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生活習慣も変える必要がある
色素を歯磨き粉で落としても、またついてしまってホワイトニングの意味がありません。白い歯を保つために必要なのは歯磨きの継続と生活習慣の改善です。
こういう道具があると便利
ホワイトニングの用品は、一か所にまとめておくと便利です。他のスキンケアをする時についでに使うことができるようにケースに入れておきましょう。
ホワイトニング用の歯磨き粉の保管法
歯磨き粉は蓋をあけると、徐々に成分が飛んでいきます。時折天然の香料が入っているものがありますね。
毎日のケアが大切
歯垢、プラークやステインをためずにホワイトニングをした状態を保つには、毎日のデンタルケアが大切です。習慣づけましょう。
歯周病と日本人
ホワイトニングの歯磨き粉と関連するものに、歯周病の問題があります。日本人の大人の8割がその素因を持つと言われています。歯周病ではなく歯槽膿漏と言ういい方をすることもあります。