歯周病と日本人

歯周病と日本人

ホワイトニングの歯磨き粉と関連するものに、歯周病の問題があります。日本人の大人の8割がその素因を持つと言われています。

 

歯周病ではなく歯槽膿漏と言ういい方をすることもあります。口の中の菌が、歯垢の糖などを食べて、繁殖して炎症を起こす状態で、徐々に歯茎が痩せてきて、その隙間に歯垢がたまっていくということ起きます。

 

脳や心臓等に悪影響が及ぶこともあります。特定の菌が悪さをするわけではなく300以上の雑菌が口の中で乳酸菌等善玉菌が動かなくなったとき、暴れ出すのが歯周病です。場合によっては歯根ごと抜けてしまうこともあります。

 

この歯周病を防ぐ機能があるホワイトニング用の歯磨き粉もあります。気になる方は、使ってみるといいでしょう。また、清潔にした指に専用のガーゼを巻いて、濡らして拭う方法を歯を磨くときに行うとそれなりに歯垢が取れます。

 

最後は塩をつけて歯茎をマッサージしますと歯磨き粉のホワイトニング効果が増しますので、試してみましょう。お子さんやご高齢で菌への免疫が無い、歯磨きを満足にできない方にもおすすめです。

 

歯周病が進みますと歯茎から出血があったりして歯磨きが雑になりやすいので、早めの対処をしましょう。歯の健康は見た目だけではなく口臭や消化不良などを引き起こします。歯周病は治りにくいと言われていましたが、今では回復しやすくなっています。抜歯することになると麻酔が必要ですので大変なのです。全身麻酔ということもあります。

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

生活習慣も変える必要がある
色素を歯磨き粉で落としても、またついてしまってホワイトニングの意味がありません。白い歯を保つために必要なのは歯磨きの継続と生活習慣の改善です。
こういう道具があると便利
ホワイトニングの用品は、一か所にまとめておくと便利です。他のスキンケアをする時についでに使うことができるようにケースに入れておきましょう。
ホワイトニング用の歯磨き粉の保管法
歯磨き粉は蓋をあけると、徐々に成分が飛んでいきます。時折天然の香料が入っているものがありますね。
毎日のケアが大切
歯垢、プラークやステインをためずにホワイトニングをした状態を保つには、毎日のデンタルケアが大切です。習慣づけましょう。
歯の健康は全身の健康
歯が少なくなると、咀嚼がうまくできず、食欲減退も起きます。ドライマウスも、唾液などが要因となってしまう誤嚥性肺炎、心疾患や出産のトラブルを引き起こす歯周病が将来的に起る確率を減らすためには歯磨き粉選びが大切です。