ホワイトニング用の歯磨き粉は正しく使う

ホワイトニング用の歯磨き粉は正しく使う

ホワイトニングを歯磨き粉でする時には、パッケージの使い方をよく見て使うようにしましょう。正しい磨き方や使う分量が書いてあります。

 

よくある失敗に歯磨き粉の使い過ぎがあります。本当は、歯ブラシの先端に少しつけるだけで充分なのですが、多くつければホワイトニングの効果そのほかがあると思ってしまう方がいます。
よくCMや漫画などで歯ブラシの上にたっぷりついた歯磨き粉の画像が出ますが、これは間違いです。たっぷり使うと後で口腔内に成分が残ってしまうこともあります。

 

免疫力が高いお若い方は大丈夫なのですが、高齢の方は残った歯磨き粉の成分が唾液に混じって、気道に入ってしまうことで、肺炎になることがありえます。誤嚥性肺炎ですね。

 

また、多くつけると、歯磨き粉をただ歯の表面に塗るだけの状態になってしまいます。本当はホワイトニングや歯周病予防ということが無ければ水だけで歯垢は取れます。

 

歯磨き粉は大人用と、子供用があります。ホワイトニングが必要なのは大人だけです。ですが、虫歯や歯垢はすぐになるものではなく、間違った習慣とケアが要因となります。一緒に磨く習慣をつけましょう。虫歯はうつると言いますが、細菌と言う事も確かにその素因です。

 

しかし、食習慣や歯磨きの仕方は、同じ家族では似てきますので、年長者が正しい磨き方を覚えて教えないといけません。親ではなく教員や兄弟姉妹でも良いのです。早めのデンタルケアを心がけましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

強く磨きすぎない
ホワイトニングの歯磨き粉を使う時にしてしまいがちなのが、力を入れて磨くことです。
電動歯ブラシもお勧め
ホワイトニングのために歯磨き粉を使う時、上手く磨く自信が無い場合は電動歯ブラシを使うといいでしょう。
正しい磨き方をすることが大切
折角良い歯磨き粉を見つけても、正しい磨き方をしないとホワイトニングは上手くいきません。
いつ歯磨き粉でホワイトニングをすればいいか
ホワイトニングはいつするのが効果的か、歯磨き粉の種類によりますが、朝と晩は最低限磨いておきましょう。
時に歯科医の指導も受ける
歯磨き粉など毎日のケアも大切ですが、出来たら歯磨きの仕方を歯科医に教わった方が、ホワイトニングにはいいのです。