強く磨きすぎない

強く磨きすぎない

 

ホワイトニングの歯磨き粉を使う時にしてしまいがちなのが、力を入れて磨くことです。強く磨けば歯磨き粉の効果があがると思ってしまう方が多いようです。

 

皆様はやすりを使ったことがありますか。アクセサリー作成のための専門のやすりをもっていますが、かけるときはギュッと握るのではなく親指、人差し指、中指で支え、一定方向に動かします。実はやすりが無い時には研磨剤の入った歯磨き粉を使うこともあります。銀程度は表面の硫化、黒い部分は取れます。

 

しかし、細かい傷がつくのは否めません。同じ事が歯にも言えるのです。エナメル質はそう硬くはないので力一杯磨くと傷がついてそこに色素や歯垢、菌類がついてしまうことになり、ホワイトニングの邪魔にすらなるのです。

 

また、歯茎にも傷がついてしまいますので、歯肉炎の要因になります。歯茎から血が出るほど磨く事は歯にとって良くないことなのです。

 

皆様、普段使っている歯ブラシはどれぐらいで替えますか。私は1月に1本変えています。この時に歯ブラシの毛が広がってしまっている方は力の入れ過ぎです。私はすべてそろった状態で替えます。力を入れないと長持ちするのです。

 

歯磨き粉がどんなに良くても、口腔内の雑菌が増える磨き方はホワイトニングもできませんし、将来的に歯を失う事に繋がります。

 

正しい歯磨きの仕方を覚えて口の中の状態を改善していくことが美しい歯を保つ秘訣となるので間違った方法はやめておきましょう。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ホワイトニング用の歯磨き粉は正しく使う
ホワイトニングを歯磨き粉でする時には、パッケージの使い方をよく見て使うようにしましょう。正しい磨き方や使う分量が書いてあります。
電動歯ブラシもお勧め
ホワイトニングのために歯磨き粉を使う時、上手く磨く自信が無い場合は電動歯ブラシを使うといいでしょう。
正しい磨き方をすることが大切
折角良い歯磨き粉を見つけても、正しい磨き方をしないとホワイトニングは上手くいきません。
いつ歯磨き粉でホワイトニングをすればいいか
ホワイトニングはいつするのが効果的か、歯磨き粉の種類によりますが、朝と晩は最低限磨いておきましょう。
時に歯科医の指導も受ける
歯磨き粉など毎日のケアも大切ですが、出来たら歯磨きの仕方を歯科医に教わった方が、ホワイトニングにはいいのです。