正しい磨き方をすることが大切

正しい磨き方をすることが大切

 

折角良い歯磨き粉を見つけても、正しい磨き方をしないとホワイトニングは上手くいきません。歯磨きの正しい仕方の動画などもあるので、見て正しい磨き方を覚えましょう。

 

歯磨き粉をつけた後、皆様はどの方向に動かしますか。横にざっくり磨く方が多いようですが、それでは歯と歯の間の汚れは落ちません。鉛筆や箸のように手を添えて、縦に磨きます。

 

歯の裏側は着色が起きやすいので、歯ブラシのエッジをしっかり曲線にあわせてあてて磨きます。小刻みに動かすことがコツです。

 

どうしても、見える部分の前歯などを重点的に磨きがちですが、臼歯、奥歯のものをすりつぶすところや犬歯、物を切り裂く歯はその形状からして歯垢がたまりやすいので丁寧に磨きましょう。

 

途中でヘッドが小さくとがった歯の間や曲線を磨ける歯ブラシに歯磨き粉を少しだけ付け直して隙間も縦に磨きましょう。それだけでも歯周病の予防や、ホワイトニングが行えます。

 

歯間ブラシでモップのような物も隙間の歯垢を取り除けますが、少し硬いので、歯茎等に傷がついてしまうことがあります。デンタルフロスをお勧めします。使い慣れればしっかり歯垢を取り除くことができます。

 

歯磨き粉を使ったら、しっかりすすぎをしてください。成分が残らないように口腔内の筋肉を使って、十分に対流を起こすことが大切です。うがいをする事で口腔内の汚れ全般が落ちてホワイトニングの効果が目に見えるものになります。毎回丁寧に歯磨きをしましょう。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ホワイトニング用の歯磨き粉は正しく使う
ホワイトニングを歯磨き粉でする時には、パッケージの使い方をよく見て使うようにしましょう。正しい磨き方や使う分量が書いてあります。
強く磨きすぎない
ホワイトニングの歯磨き粉を使う時にしてしまいがちなのが、力を入れて磨くことです。
電動歯ブラシもお勧め
ホワイトニングのために歯磨き粉を使う時、上手く磨く自信が無い場合は電動歯ブラシを使うといいでしょう。
いつ歯磨き粉でホワイトニングをすればいいか
ホワイトニングはいつするのが効果的か、歯磨き粉の種類によりますが、朝と晩は最低限磨いておきましょう。
時に歯科医の指導も受ける
歯磨き粉など毎日のケアも大切ですが、出来たら歯磨きの仕方を歯科医に教わった方が、ホワイトニングにはいいのです。