歯磨きでホワイトニングする前に知っておきたい事

  このエントリーをはてなブックマークに追加

歯磨きでホワイトニングする前に知っておきたい事記事一覧

真っ白な歯になるホワイトニングの歯磨き粉、これは実は日本人では不自然な色なのです。漂白でもしないとここまで白くはならないのです。歯科医は差し歯やトップコートを塗るとき用の見本を用意します。歯科医院でホワイトニングをすることもあるのでその時にも使うようです。平均的な色にするためにです。日本人は白と生成りの中間で、象牙の色をしていると言われています。歯の成分からしますと人によって含まれる色素量が違って...

ホワイトニングの歯磨き粉の成分は、実に様々です。メタリン酸ナトリウムなどが研磨剤としては、有名です。歯の表面の汚れをこぞげとって、白くするやすりのような役目をします。後はハイドロキシリアパタイト、歯の構成要素を同時に配合してある歯磨き粉もよく見られます。これは歯の成分とよく似た物質ですので、よく歯磨き粉に使われます。削ってその後歯の表面についたくぼみを無くすものです。よく似た働きがあるものはフッ素...

歯磨き粉を選ぶときにはまず自分の口の中の状態を確認しましょう。ホワイトニングの歯磨き粉は色素を研磨剤で抜くものや白くした後、フッ素等でコーティングするもの等種別が様々です。着色の要因も様々ですので、適切な物を探したいですね。歯が着色されている状態は食事や煙草等の嗜好品によって色素がつくケースと歯垢が固まって歯石が出来てしまう事、後は虫歯で黒くなったなどがあります。厳密に言いますとホワイトニングは着...

食事の仕方によって口腔内の様子は違います。人間は噛むことで、ある程度は歯垢やステインを落します。コーヒーや紅茶、赤ワイン等は着色しやすいのでホワイトニングの歯磨き粉のCMによく出てきますね。紅茶は私もよく頂きますが、これは歯の奥に浸透します。歯磨き粉でとりきれないこともあります。では、どうするか、話は簡単です。紅茶を飲むときには果物等食物繊維の多いものを一緒に食べてうがいする。これだけで大分着色汚...

ホワイトニング用の歯磨き粉を使うときには歯ブラシの大きさや、毛の硬さも考える必要があります。実を言うと歯磨き粉を使うときと使わない時では合う歯ブラシが違います。私は普段はやや硬めのものを使っています。歯磨き粉をあまりつけずに磨きますし、あまり力を入れないからです。水だけで歯垢を落すときには、これがいいのです。ですが、研磨剤が入っていることが多い歯磨き粉を使うときには硬い毛のものは合いません。歯茎に...

ホワイトニング用の歯磨き粉を使っていれば、歯は白くなるのでしょうか。残念ですが、あまりに色素沈着が強い場合は、歯磨き粉だけでは色素を抜けないこともあります。対応できるのは、表面のエナメル質だけのことが多いのです。どうしても歯が白くならない場合は歯科、審美歯科で、ホワイトニングをする事が推奨されます。歯科で行なえる歯を白くする方法は、漂白剤に歯をつけて白くする物と、歯の表面にこびりついて、とれない歯...