ホワイトニング用の歯磨き粉の成分

ホワイトニング用の歯磨き粉の成分

 

ホワイトニングの歯磨き粉の成分は、実に様々です。メタリン酸ナトリウムなどが研磨剤としては、有名です。

 

歯の表面の汚れをこぞげとって、白くするやすりのような役目をします。後はハイドロキシリアパタイト、歯の構成要素を同時に配合してある歯磨き粉もよく見られます。これは歯の成分とよく似た物質ですので、よく歯磨き粉に使われます。削ってその後歯の表面についたくぼみを無くすものです。

 

よく似た働きがあるものはフッ素ですね。歯磨き粉だけでなく、歯科医院のホワイトニングでも使う事が多いものです。歯に染みついた色素を抜くときに、歯が少し溶けていくことがあります。それを防いで歯の表面を固めるのがフッ素の役割です。

 

アメリカなどではこのフッ素を水道水に混ぜてあることが多く、虫歯予防の役割があると言われています。しかし、これを長期間にわたって使用すると、毒性によって、健康被害があるという説もあります。ネズミや害虫の駆除に使うという程ですから。

 

ホワイトニングの歯磨き粉に関しては、フッ素入り歯磨き粉を推奨する歯科医と回避するようにという医師がいます。歯磨き粉は食べたり飲んだりするわけではないので、神経質になる必要はありませんが入っていない歯磨き粉もあります。

 

後は生薬や竹炭等で菌を殺したり酸を取り除いて虫歯や歯周病を回避するものもあります。虫歯になると徐々に歯の表面が溶けだしていきますので、色素がつきやすいのです。歯を白くする成分は様々です。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

日本人と歯の色素
真っ白な歯になるホワイトニングの歯磨き粉、これは実は日本人では不自然な色なのです。
まずは自分の歯の状態を知る
歯磨き粉を選ぶときにはまず自分の口の中の状態を確認しましょう。
食生活と歯の色
食事の仕方によって口腔内の様子は違います。人間は噛むことで、ある程度は歯垢やステインを落します。
歯ブラシの大きさも確認
ホワイトニング用の歯磨き粉を使うときには歯ブラシの大きさや、毛の硬さも考える必要があります。
歯磨き粉だけでホワイトニングが出来るか
ホワイトニング用の歯磨き粉を使っていれば、歯は白くなるのでしょうか。残念ですが、あまりに色素沈着が強い場合は、歯磨き粉だけでは色素を抜けないこともあります。