日本人と歯の色素

日本人と歯の色素

 

真っ白な歯になるホワイトニングの歯磨き粉、これは実は日本人では不自然な色なのです。漂白でもしないとここまで白くはならないのです。

 

歯科医は差し歯やトップコートを塗るとき用の見本を用意します。歯科医院でホワイトニングをすることもあるのでその時にも使うようです。平均的な色にするためにです。日本人は白と生成りの中間で、象牙の色をしていると言われています。

 

歯の成分からしますと人によって含まれる色素量が違って当然なのです。黄色っぽい体色の人と青っぽい体色の人では爪や歯の色も違います。私は青っぽいので白目も真っ白、白髪はもう銀髪です。歯も明るい色ですね。逆にもっと暗い色の方もいます。

 

ホワイトニングの歯磨き粉を使って効果がなかなか出ないという方は、もしかしたら、自分のイメージとは違うということで白くなった感じがしないのかもしれません。特に女性は赤い口紅を思い切り塗ってしまうことがあるのですが、これは色の対比で、歯の黄ばみが目立つのです。

 

少し青みを帯びた大人っぽいピンクやベージュにすると落ち着くこともあります。歯磨き粉を使うという事は生まれた時に持っていた色に近くするということです。

 

また、無理に白くすることを望みますと、肌の色や目の色と合わなくなってしまいます。肌はやや黄色っぽいのに、歯が白いと目立つものなのです。歯磨き粉は歯があるべき姿になる一助でしかないことは覚えておきましょう。本格的なホワイトニングをするなら歯科医を頼るといいでしょう。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

ホワイトニング用の歯磨き粉の成分
ホワイトニングの歯磨き粉の成分は、実に様々です。メタリン酸ナトリウムなどが研磨剤としては、有名です。
まずは自分の歯の状態を知る
歯磨き粉を選ぶときにはまず自分の口の中の状態を確認しましょう。
食生活と歯の色
食事の仕方によって口腔内の様子は違います。人間は噛むことで、ある程度は歯垢やステインを落します。
歯ブラシの大きさも確認
ホワイトニング用の歯磨き粉を使うときには歯ブラシの大きさや、毛の硬さも考える必要があります。
歯磨き粉だけでホワイトニングが出来るか
ホワイトニング用の歯磨き粉を使っていれば、歯は白くなるのでしょうか。残念ですが、あまりに色素沈着が強い場合は、歯磨き粉だけでは色素を抜けないこともあります。