歯ブラシの大きさも確認

歯ブラシの大きさも確認

 

ホワイトニング用の歯磨き粉を使うときには歯ブラシの大きさや、毛の硬さも考える必要があります。

 

実を言うと歯磨き粉を使うときと使わない時では合う歯ブラシが違います。私は普段はやや硬めのものを使っています。歯磨き粉をあまりつけずに磨きますし、あまり力を入れないからです。水だけで歯垢を落すときには、これがいいのです。

 

ですが、研磨剤が入っていることが多い歯磨き粉を使うときには硬い毛のものは合いません。歯茎に傷がつきます。

 

たまに柔らかいものと硬いもの、ダクトブラシという臼歯や歯の間を磨くものを使います。硬いブラシで歯の表面の歯垢を落して、歯磨き粉を少しつけて色素がついた部分や歯茎周辺を磨くとホワイトニングがしやすくなります。歯磨き粉は少量の方が口腔内に残ってしまわないのです。よくメントールの匂いがプンプンする方がいますが、充分にすすげていない証拠です。

 

また、歯ブラシの大きさは爪の先程度が妥当です。柄の長さは軽く人差し指と親指でつまんでそれで柄が余らないでバランスがとれるぐらいがちょうどです。

 

しっかり握るのではなく中指も合わせてこまめに角度を変えられるようにバランスを取れるものにしましょう。自在に動かすには握りこまないことが大切なのです。

 

そうしておけば磨きにくい部位も磨きやすく、ホワイトニングもむらが無くなります。部分的にしか白くならないのではかえって目立ってしまってマイナスです。子供用の歯ブラシの方が扱いやすいので大人でも使う人もいます。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

日本人と歯の色素
真っ白な歯になるホワイトニングの歯磨き粉、これは実は日本人では不自然な色なのです。
ホワイトニング用の歯磨き粉の成分
ホワイトニングの歯磨き粉の成分は、実に様々です。メタリン酸ナトリウムなどが研磨剤としては、有名です。
まずは自分の歯の状態を知る
歯磨き粉を選ぶときにはまず自分の口の中の状態を確認しましょう。
食生活と歯の色
食事の仕方によって口腔内の様子は違います。人間は噛むことで、ある程度は歯垢やステインを落します。
歯磨き粉だけでホワイトニングが出来るか
ホワイトニング用の歯磨き粉を使っていれば、歯は白くなるのでしょうか。残念ですが、あまりに色素沈着が強い場合は、歯磨き粉だけでは色素を抜けないこともあります。