歯磨き粉だけでホワイトニングが出来るか

歯磨き粉だけでホワイトニングが出来るか

ホワイトニング用の歯磨き粉を使っていれば、歯は白くなるのでしょうか。残念ですが、あまりに色素沈着が強い場合は、歯磨き粉だけでは色素を抜けないこともあります。

 

対応できるのは、表面のエナメル質だけのことが多いのです。

 

どうしても歯が白くならない場合は歯科、審美歯科で、ホワイトニングをする事が推奨されます。

 

歯科で行なえる歯を白くする方法は、漂白剤に歯をつけて白くする物と、歯の表面にこびりついて、とれない歯垢やヤニをとることが挙げられます。前者はブリーチング、後者はクリーニングと言います。本当はホワイトニングは、前者の漂白を示す言葉です。歯磨き粉の場合は大まかに歯を白くするという事を意味することが多いのです。

 

クリーニングは歯の表面についた汚れを洗浄、もしくは削って白くするものです。歯石やまだ浸透しきっていない紅茶、コーヒー、食品の汚れを取って歯の表面を元の色に近づけます。

 

ブリーチングは方法は様々ですが、歯の表面に液剤を塗布するものと漂白剤を入れたマウスピースをはめて待つ手法があります。前者は何回か通わないといけないことが多いのですが、後者は1度で済む病院もあるそうです。

 

歯科医に頼むと、費用も時間もかかりますので歯磨き粉で対処できるうちにしっかりケアをしておきましょう。普段からこまめにデンタルケアを行い、口の中の乾燥を防いで歯垢などがつかないようにしておけば自宅のケアだけで済みます。しっかり磨きましょう。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

日本人と歯の色素
真っ白な歯になるホワイトニングの歯磨き粉、これは実は日本人では不自然な色なのです。
ホワイトニング用の歯磨き粉の成分
ホワイトニングの歯磨き粉の成分は、実に様々です。メタリン酸ナトリウムなどが研磨剤としては、有名です。
まずは自分の歯の状態を知る
歯磨き粉を選ぶときにはまず自分の口の中の状態を確認しましょう。
食生活と歯の色
食事の仕方によって口腔内の様子は違います。人間は噛むことで、ある程度は歯垢やステインを落します。
歯ブラシの大きさも確認
ホワイトニング用の歯磨き粉を使うときには歯ブラシの大きさや、毛の硬さも考える必要があります。