ホワイトニング用の歯磨き粉の種類

ホワイトニング用の歯磨き粉の種類

 

歯磨き粉で歯を白くするというときにはいくつか意味があります。本当はホワイトニングは化学反応によって歯の表面とその下の色素を抜くことです。

 

歯科では、過酸化水素という溶液を使って色素を抜きますが、これは作用が強いので、歯磨き粉には使えません。歯科医の免許がないと塗布できないのです。

 

ただ、塗るだけではなく、歯全体をつけて色素をとる方法もあります。皆様は、酸化、還元という化学の言葉を覚えておいででしょうか。酸化は酸素と結合して物質が変質した状態です。

 

この酸化した状態から分子を別の化学物質で遊離させて、元の状態に戻すことです。緑青がわいた銅にタバスコをかけることで還元できるという事は知っている方が多いでしょう。

 

歯磨き粉でホワイトニングをするというともうひとつの意味があります。本当はクリーニングと言うのが正しい言い方になるのですが、歯の表面を研磨剤で削って、色を取ってしまうことです。

 

これは表面のエナメル質につく歯垢やそれが固まった歯石を取り除くものです。こちらの方が歯磨き粉としては一般的です。ただはがすだけではなく表面を固めて次は色素がついたり、虫歯を作らないようにするタイプのものが多いようです。

 

どのような種類の歯磨き粉にしろ、急に歯を白くするだけの威力はありません。継続して使用することで初めて、その機能が発揮されます。また、色素が奥の象牙質に及んでしまった場合は、歯科医に頼んだ方が良いでしょう。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

歯の汚れを気にしていますか?
服も髪も整えて、メイクをして完全、ですが、思わぬ落とし穴があります。歯です。笑った時等に見える歯が黄ばんでいると、不衛生に見えますし、年齢も上がって見えます。
歯磨き粉とホワイトニング
歯の着色汚れは食べ物の問題もあるのである程度仕方がないと思っていませんか。でも、歯磨き粉でしっかりホワイトニングをしておくことが後々のためになります。
歯の構造とホワイトニングの歯磨き粉
ホワイトニングの歯磨き粉を使う時には歯の構造も考えて、正しい使い方をすることが必要です。
歯磨き粉とホワイトニングの歴史
ホワイトニングの歯磨き粉の歴史はいつから始まるのでしょうか。
ステインとはなにか
ホワイトニングの歯磨き粉によく表記されるのがステインという言葉です。