歯の汚れを気にしていますか?

歯の汚れを気にしていますか?

 

よく女子力、男子力と言ってスキンケアをする方が多いようです。服も髪も整えて、メイクをして完全、ですが、思わぬ落とし穴があります。歯です。

 

笑った時等に見える歯が黄ばんでいると、不衛生に見えますし、年齢も上がって見えます。歯の着色汚れは主にステイン等食物の色がついたもの、プラーク、歯垢などが要因となります。後は煙草も大きな着色の要素で、ホワイトニングのケアが必要になります。

 

よく歯を磨いているからホワイトニングが出来ている、歯磨き粉も使っているという方がいます。ですが、色素は、歯の表面についているのではなく、しみこんでいるのです。

 

エナメル質に浸透したその汚れを取るには、研磨剤が入っている、もしくは歯を白くして再度着色するのを防ぐ歯磨き粉が必要になります。

 

ホワイトニング用の歯磨き粉と言っても、様々な種類があります。磨き方を間違えると、却って歯に傷をつけてしまいますので、推奨される正しい磨き方でホワイトニングをしましょう。

 

また、ただ歯を白くするためだけではなく、雑菌の繁殖による匂い、そして歯周病を予防する歯磨き粉も多いのです。

 

歯周病は大人の80パーセントがなっている可能性があるものですが、悪化しますと歯肉がただれて歯がぐらついたり、他の部分に菌が到達して血管、臓器の問題を引き起こすということもあるとされています。歯の健康は全身の健康につながります。コツコツケアをして白い歯を保ち笑顔でいたいですね。

 
  このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

歯磨き粉とホワイトニング
歯の着色汚れは食べ物の問題もあるのである程度仕方がないと思っていませんか。でも、歯磨き粉でしっかりホワイトニングをしておくことが後々のためになります。
歯の構造とホワイトニングの歯磨き粉
ホワイトニングの歯磨き粉を使う時には歯の構造も考えて、正しい使い方をすることが必要です。
歯磨き粉とホワイトニングの歴史
ホワイトニングの歯磨き粉の歴史はいつから始まるのでしょうか。
ステインとはなにか
ホワイトニングの歯磨き粉によく表記されるのがステインという言葉です。
ホワイトニング用の歯磨き粉の種類
ホワイトニング用の歯磨き粉の種類について説明します。